生活購買店 生活の幅を広げるモノと道具

万能な台所道具 ”竹ざる”

Pick up

『サイズ』と『形』が豊富な竹ざる。用途は、使う人次第です。

昔から竹工芸が盛んな大分県別府市で作られる青物の竹ざる。お店では定番の丸型に加えて、正方形や長方形までいろいろなサイズを扱っており、アイデア次第で様々な用途に使っていただけます。

例えば、大きめのざるは茹でた野菜を引き上げる際に重宝しますし、干し野菜を作る際も便利です。時には食卓で麺やおにぎりを載せる時にはうつわとしても登場します。一方、小さめのざるはカトラリーを乾かす際に水切りかご代わりとしてよく使いますし、朝食時にクロワッサンなどを載せることもあります。

また、竹ざるは軽くて柔軟性があるので、いくつか重ねたり立てかけて収納できる点も嬉しいところ。わが家のキッチンは狭いのでとても助かっています。

どれも竹の表皮を使って編まれた表面と細かく割った竹をぐるりと巻いた縁、補強のための藤巻きで構成されており、使っていくうちに自然と色が抜けていきます。よくよく見ると、編み目に対して縁がすこし歪んでたりと細部まで工芸品のような美しい作りではありませんが、道具としての役割はきちっと果たしてくれるので、気軽に使っていただきたいです。

  • 縁の仕上げ

    縁は何重にも竹ひごを巻き強度のある籐で止め、補強のために一部針金を使用しています。日々使う道具としても十分な作りです。

  • ざるの編み目

    笊目編みという編み方で丁寧に編まれています。やや浅めなので、麺を盛ったり、野菜を載せたり色々と使えます。籐で止めた部分に多少の隙間などできる場合もあります。

  • 色の変化

    青竹をそのままひごにして編まれているもを青物と言います。青物は使っていくうちに自然と飴色に変化していきます。