生活購買店 生活の幅を広げるモノと道具

そば猪口 市松

そば猪口 市松

手描きならではの風合い
市松模様

そば猪口は、名前に「蕎麦」とついていますが、もともとは、
おかずを入れる向付のような使われ方をしていたそう。

今の食卓のシーンでも、和菓子に添えるコーヒーカップや小鉢として、
また蓋こそないですが、茶碗蒸しにも使えます。

職人の手描きによる落ち着いた染付けは、
他のうつわともしっかり馴染んでくれます。

そば猪口 市松

2,800(税別)
サイズ
Φ80 × H60mm
素材
陶磁器

※15,000円(税別)以上で送料無料

  • こまやかな絵付け

    連続した四角を交互に塗分けた市松模様。
    染め付け部分をよく見ると、職人の筆跡が分かります。
    筆に呉須を含ませて描く濃み(だみ)と呼ばれる技法です。

  • 小ぶりのサイズ

    女性が持っても、手におさまる程度の大きさ。
    重さはほとんど気になりません。

  • かさねてスッキリ

    収納する際は、重ねられるのも嬉しいです。
    柄違いで揃えるのも楽しみの一つです。

そば猪口 市松

そば猪口 市松

2,800(税別)
サイズ
Φ80 × H60mm
素材
陶磁器

15,000円(税別)
以上で送料無料

・手描きの為、柄や色の濃淡に若干の個体差がございます。あらかじめご了承ください。
・電子レンジ 、食器洗洗浄機 可。オーブン 不可。

同じシリーズの商品

作り手

有田製窯について

1804年の開窯以来、約200年の歴史を持つ窯元です。
このシリーズは唐津の陶芸家 岡晋吾さん監修のもと、有田製窯の熟練した職人によって作られています。
長い時を経てきたような落ち着いた磁器の風合いと絵付けが特徴です。