生活購買店 生活の幅を広げるモノと道具

菊型小皿

菊型小皿

小さくても、食卓が華やぐ菊の小皿

やわらかな乳白色の肌合いが特徴的なJICONの菊皿。
菊の花を模した一枚一枚の花びらは、おおらかで華やかな印象を与えてくれます。

もともと、作り手の生家である陶悦窯が手掛けていた割烹用のお皿をベースにして、家庭の食卓に合うようデザインし直したそうです。

小皿は、一般的な豆皿とほぼ同じサイズなので、刺身醤油を入れたり、ちょっとしたお菓子をのせるお皿としてもおすすめ。シンプルなお菓子も華やいで見えます。

菊型小皿

990(税別)
サイズ
Φ95 × H18mm
素材
陶磁器

※15,000円(税別)以上で送料無料

  • おおらかな花弁

    有田では昔から馴染みのある菊皿ですが、JICONの菊皿は花弁の形がおおらで、華やかな中にも柔らかな印象があります。

  • 程よい深さ

    フラット過ぎず、中央に向かって傾斜しているので、多少汁気のあるものでも気兼ねなく使えます。

揃えておいてよかったと思える一枚

わが家では、少し特別な料理を作った時や季節の節句、お客様がいらした時に活躍してくれるのがこの菊皿です。お菓子を載せてもいいですし、取り皿をテーブルに置くとそれだけで華やか。JICONのうつわは和食でも洋食でも使える点が、手に取ることが多い理由だと思います。結婚のお祝いなど迷った時は「菊皿」シリーズを選んでいただけると、きっと喜んでいただけると思います。

菊型小皿

菊型小皿

990(税別)
サイズ
Φ95 × H18mm
素材
陶磁器

15,000円(税別)
以上で送料無料

・使用している陶石の性格上、表面に薄茶色の点が入ったり、釉薬をかけた際にできるムラが残る場合がございます。いづれも不良ではございませんのでご了承下さい。
・掲載写真の光の具合やご使用のモニターによっては、実際の色味とは異なって見えることがありますのでご了承下さい。
・電子レンジ 、食器洗洗浄機 可。直火、オーブン 不可。

同じシリーズの商品

作り手

JICONについて

デザイナー 大治将典さんと歴史ある有田の陶悦窯 今村肇さんが出会い、2012年に立ち上げたJICON。
名前の由来は、仏教用語で「今を精一杯生きる」という意味の爾今(じこん)に重ねて付けられました。現在は独立され、今村製陶として作陶されています。

http://reed-life.com/archives/53630