生活購買店 生活の幅を広げるモノと道具

角皿 小

角皿 小

それぞれに変化する木のお皿

reedから車で10分ほどの山麓にある山口 和宏さんの工房。そのおおらかな人柄からも想像できる、手彫りのノミ跡が温かい雰囲気の角皿です。

使っている木材は独特の艶があり木目が美しいと言われる胡桃。表面には自家製の蜜蝋ワックスを塗って仕上げています。形はシンプルながらしっかりとした厚みを残しているため存在感があり、手にすると木ならではの温かみを感じます。

木のうつわは最初どう使っていいか迷うかもしれませんが、汁気の多い料理以外でしたら陶器と同じように気兼ねなく使って頂いて大丈夫です。
また、油ものはしみ込みが心配になるかと思いますが、意外にも天婦羅や唐揚げなどを載せると、油分が木に浸透して乾きをでくれるので、うつわのお手入れとしても向いているそう。

角皿小は、菓子皿などにおすすめのサイズ感です。使うほどに育っていくお皿の変化が、きっと楽しみになると思います。

角皿 小

4,000(税別)
サイズ
約W120×D120×H24
素材
胡桃 / 表面:蜜蝋ワックス仕上げ

※15,000円(税別)以上で送料無料

  • 安心して使える蜜蝋仕上げ

    木の表面には、山口さん手作りの蜜蝋ワックスが塗ってあります。蜜蝋を塗ることで、表面の乾きをおさえ、水分がしみこみにくくなります。天然素材で安心であると共に、木そのものの素材感や温かみを大切にした仕上げです。

  • お手入れについて

    天然塗料のため、使用するうちに塗膜は薄くなっていきます。表面の乾きが気になってきたら、蜜蝋ワックスやオリーブオイルを布につけて薄く塗り、1日ほど乾かしてください。

  • それぞれの木の個性

    同じ商品でも、木目や色合いが多少違ったり、節がでてたりと木の表情は様々です。ご理解いただき、その表情をお楽しみください。

使い込む楽しさ

使い込むうちに傷は表情となり、木の色も深み帯びた色に変化して味わいが増していきます。
また、ノミ跡の陰影がいい表情となって、ますます自分の器に育っていくのが楽しめます。
お料理のオイルによって自然に艶も出てきていますので、気負わず色々なお料理をのせてみてください。(水分が多い料理には向きません。)

山口さん宅の食卓

ご自宅では、天ぷらやピザ、唐揚げなど油を使った料理にも木のうつわを使われるそうです。この時は、グラタンやパンを載せる取り皿として。木の器は、使い方やお手入れ方法について気になる方も多いと思いますが、ポイントは洗ったらすぐに水分を拭いて、あとはしっかりと乾かすことです。慣れてしまえば、難しいことはありません。

シンプルな中にもこだわったカタチ

木の厚みと少しカーブした底面によって、立体的でペタッとした印象にならずテーブルに並べた時もお料理がよく映えます。
小サイズなら、洋菓子に限らず和菓子もよく合います。また、小さい分ちょっとした物をのせたり、ドライにしたお花を飾ったりと、食材をのせる以外にも色々と楽しんでいただけると思います。

角皿 小

角皿 小

4,000(税別)
サイズ
約W120×D120×H24
素材
胡桃 / 表面:蜜蝋ワックス仕上げ

15,000円(税別)
以上で送料無料

・食洗機・電子レンジ 不可
・木の色味・木目は、お選び頂けませんので予めご了承ください。
・手仕事のため、大きさ・形・などの点において個体差がみられます
・水に長時間さらさないでください。割れや、反りなどの原因になります
・水洗いをした後は、水気を拭き取りしっかり乾燥させてからお使いください
・長い間直射日光に当てることはお控えください

同じシリーズの商品

作り手

山口和宏について

うきは市吉井町で活動をしている木工作家。
耳納連山が近くに見える場所に工房を構え、お皿やカッティングボード、
椅子など木のぬくもりを感じる作品を作っています。