生活購買店 生活の幅を広げるモノと道具

すず竹 弁当箱

すず竹 弁当箱

楽しみのある箱

岩手県一戸町の鳥越地区で作られている蓋つき弁当箱。東北地方の寒冷地に自生している細い”すず竹”を丁寧に竹ひごにして編まれています。厳しい自然環境で育つすず竹は、雪が積もっても折れないしなやかさがあり、驚くほど丈夫なのが特徴です。

こちらはおにぎり2~3個が入るくらいの大きさ。女性でも片手で取り出せるコンパクトなサイズ感です。竹を編み上げることで通気性を確保し、お米のべたつきも防いでくれます。弁当箱として以外にも、ちょっとした小物入れや、落としを入れて花入れとしても使いやすい大きさだと思います。

小さいながら、蓋と本体を別々に編み上げた後に重ねるため、その塩梅はとても難しいそう。竹は切り出したそのままをひごにしているので、時間と共に自然と艶が増して飴色になっていきます。

すず竹 弁当箱

4,500(税別)
サイズ
約W175×D110×H60
生産地
岩手県
素材
すず竹
品切れ

・手仕事の為、サイズや形に若干の個体差が生じます。
・竹は天然素材の為、表面にささくれや繊維に沿ったヒビ割れ、黒ずみが残る場合がございます。
・また、お届けのタイミングによって色味が微妙に異なります。時間の経過とともに、濃い色へと変化していきます。
・長時間濡れたままにしますと、カビの原因になります。
・水洗いした場合は、完全に水分を拭き取った後、日陰の風通しの良い場所で乾かしてください。
・箇所により、隙間が少し広く空く場合もあります。
・製作中につけた目印としてのえんぴつ跡が残っている場合があります。

同じシリーズの商品

作り手

鳥越竹細工について

江戸時代には既にカゴやザルが作られていたという一戸町鳥越地区の竹細工。自生するすず竹を使い、細かく丁寧に編みこむことで繊細で弾力性のある作品が生まれます。