生活購買店 生活の幅を広げるモノと道具

わらの壁掛け(青藁)

わらの壁掛け(青藁)

日之影に根付く神話の縁起物

宮崎県日之影町で三代に渡りわら細工を制作している「たくぼ」さん。
自然豊かな日之影町は、隣接する高千穂とともに神話の里として広く知られ、昔からしめ縄づくりが盛んに行われてきました。

こちらは堂々とした横綱結びに、高千穂神話の神である手力雄命(タヂカラオノミコト)と天鈿女命(アマノウズメノミコト)の面と祝亀を付け、五色の御幣で装飾した飾りものです。

簡単に解けない結びは「一度きり」の縁起物としてふさわしく、縄目の力強さと結びの美しさが特徴です。使用されている青藁は稲穂が実る前の晩夏に刈った藁で、自然な緑色は時間と共にうっすらと稲藁色へ変化していきます。

どっしりとした風格で目を引くので、玄関やリビングなど大きい空間によく合うと思います。また、お店を構えている方が縁起物として飾ることも多いようです。当店ではテグスという透明な糸で柱から吊っていますが、重量がありますので壁に掛ける際はしっかりと固定できるものをご使用ください。(横綱結びと同じ大きさです)

わらの壁掛け(青藁)

サイズ
約W700×H550mm
素材
青藁
入荷待ち

※16,500円(税込)以上で送料無料

  • 長寿や継続

    「祝亀」は、長寿・継続を意味する縁起物のわら細工です。甲羅は藁の一番綺麗な芯の部分のみを使って力強く編まれ、豊かに実った稲穂が印象的な尻尾には、掛け干した稲穂が挿してあります。(こちらは、祝亀の大サイズになります)

  • 高千穂神話の神

    天岩戸伝説に出てくる優雅な舞で惹きつけた天鈿女命と大力で道を開いた手力雄命の面が装飾されています(現在の面は写真とはほんの少しだけ異なります)

  • ボリュームのある力強い房

    たっぷり稲藁を使った房は、力強い印象があります。また、両房を見ると末広がりになっています。

自然とともにある仕事

年明けの田おこしからはじまり、6月の田植え、稲穂が実る前の夏の青刈り、そして黄金色に実った稲穂の刈り入れと、一年を通してしめ縄やわら細工作りのための農作業が続きます。(写真:フォトグラファー 川しまゆうこさん)

藁を綯う

日之影では藁を編むことを、綯う(なう)と言うそうです。作業をする際には、藁に適度な水分を含ませ、編みやすいように整えます。床に座って手足を器用に使いこなし、藁を継ぎ足しながら基本となる縄を作っていきます。

わらの壁掛け(青藁)

わらの壁掛け(青藁)

サイズ
約W700×H550mm
素材
青藁
入荷待ち

※16,500円(税込)
以上で送料無料

・手作りのため、大きさや形・色などの点において個体差が見られます。
・長さやボリュームについては、納品時期によって 多少変わりますので、ご了承ください。
・ささくれが切れることもありますが、自然素材のためご了承ください。
・青藁は、時間と共に自然な稲藁の色へと変化していきます。
・天然素材のため、高温多湿の場所に置かれますとカビの原因となりますので、ご注意ください。
・ストーブなどの火器近くには飾られないでください。

同じシリーズの商品

作り手

わら細工たくぼについて

宮崎県日之影町で60年以上にわたり、わら細工を作り続けている工房。
現在は三代目の甲斐陽一郎さんが中心となって、
稲の栽培から刈り取りまで自分達で行いながら、
ひとつひとつ丁寧に作られています。

http://reed-life.com/archives/52448