生活購買店 生活の幅を広げるモノと道具

なばかご

なばかご

生活に即した竹籠

熊本市内からほど近い金峰山の麓に工房を構える城戸繁延さんが手掛けた"なばかご”。

もともとキノコ採りなどで使われていたというかごで、全体はゆるやかな丸みを帯び、四方に付けられた脚によって通気性が確保されています。また、底面には補強の力竹が通してあり、日常使いには十分な強度です。自宅ではキッチンの野菜入れに使っていますが、玄関のスリッパ入れなどでも使っていただけると思います。

青物とよばれる竹かごは、切り出した竹そのままをひごにして編んでいくので、使っていくうちに自然と飴色に変わっていきます。経年変化の色合いもお楽しみください。(床や棚に置いた際にガタついたら、四箇所ある脚を上下させて調整すると安定します)

なばかご

サイズ
約W300×D240×H240mm
製作地
熊本県
素材
真竹・孟宗竹
入荷待ち

※16,500円(税込)以上で送料無料

・手仕事の為、サイズに若干の個体差が生じます。
・多少の傾きや歪み、ガタつきが生じる場合があります。ご了承下さい。
・保管する際は、湿気の多い場所はさけるようお願い致します。カビの原因になる場合がございます。
・竹は天然素材の為、表面にささくれや繊維に沿ったヒビ割れ、黒ずみが残る場合がございます。
・お届けのタイミングによって色味が微妙に異なります。時間の経過とともに、竹の色味は緑からうすい茶色へ変化していきます。
・竹は天然素材の為、稀に虫が発生する場合があります。その際は、熱湯を掛けてしっかりと乾かしてください。

同じシリーズの商品