生活購買店 生活の幅を広げるモノと道具

櫛目 マグカップ

櫛目 マグカップ

自然なカタチ、自然な模様

周りを山々に囲まれた小鹿田は、かつて皿山と呼ばれた陶器の産地。歩いて回れるほどの小さな集落に10軒ほど窯元があり、今でも昔から引き継がれる技法によって器が生み出されています。

黒木昌伸窯のマグカップは、すっきりとした形とあたたかみのある色合いが特徴。両側には釉薬を掛けた後に素早く櫛で付けた模様がアクセントになっています。

やや大ぶりですが女性でも無理なく使えるサイズ感。どこか懐かしい雰囲気も魅力です。

櫛目 マグカップ

サイズ
Φ90 × H103(把手を入れた幅 113)mm
容量
260~280ml 目安
素材
陶器
入荷待ち

※16,500円(税込)以上で送料無料

  • 櫛目について

    櫛を使って模様を描くため、1点づつ表情は微妙に違ってきますが、どれも良い雰囲気ですのでご安心ください。

  • 貫入について

    土に吸水性があるため表面にうっすらと貫入が入りますが、ひび割れの原因になるものではございません。洗って乾かすと自然に消えます。

  • 大きさについて

    左側に並べたJICONのマグカップ(大)とほぼ同サイズ。容量は目安として260~280ml入ります。

櫛目 マグカップ

櫛目 マグカップ

サイズ
Φ90 × H103(把手を入れた幅 113)mm
容量
260~280ml 目安
素材
陶器
入荷待ち

※16,500円(税込)
以上で送料無料

・食器洗浄機でのご使用はお控え下さい。
・水に浸すと貫入が入ることがありますが、ヒビではございません。
・染み込みが気になる方は、水に潜らせて使う事をお勧めします。
・手仕事の為、大きさには若干の個体差があります。
・ご使用のパソコンや携帯電話によって、色味など見え方に違いがある場合がございます。あらかじめご理解下さい。

作り手

黒木昌伸窯について

小鹿田集落の共同登り窯のすぐ隣にある黒木昌伸窯。昌伸さんは大学を卒業したのち、父である富雄さんの元で本格的に陶芸の道に入り、現在もお二人で轆轤を回されています。伝統的な飛び鉋や刷毛目、打掛けの技法によって作られる器は、繰り返される中で昇華された美しさやおおらかさを見せてくれます。