生活購買店 生活の幅を広げるモノと道具

『100本のスプーン展』 作り手 山口 和宏

 

DSC_0021
1DSC_0081
2DSC_0095-2
DSC_0033

まだ自分たちでお店を始める前の頃、
ある日 、吉井の町を歩いていると
向こうから山口さんが一人で歩いてくる姿を見かけました。

青いフチの個性的なメガネに、クタっとしたTシャツ、
ズボンには、作業をした後なのか、細かい木の埃がついたまま。
そんな姿を見た時に、ここは山口さんが日々暮らしている町なんだなぁ、
この町でお店をするんだなぁと、しみじみ思ったのを覚えています。

そして、いよいよ2.2 (金) から、reedで山口さんの企画展示会が始まります。
今回、『100本のスプーン展』という名前のとおり
大皿から小分する際に使うサービングスプーンやカレースプーン、
中くらいサイズのスプーンやコーヒースプーン、ティースプーンにベビースプーンなど
合わせて6種類ほどのスプーンを合計100本作ってもらいました。

山口さんの作る木のスプーンは、まるで絵本に出てくるようなシンプルで素直な形。
寒い冬にカレーやシチューを口に運ぶ時は、木ならではの温かみをいっそう感じます。

初めに山口さんに企画の相談をしに行った時は
「え、スプーン100本ですか、、、それは大変だなぁ。でも、面白そうだからやります」
と言って頂いたのですが、先日、完成したスプーンたちを見に行った際は、
「当分の間は、スプーンは作りたくないです、、」と笑っていました。

今回の企画展は、四角や丸い形の皿、トレー、カッティングボードやバターケース、
バターナイフ、片口など様々な作品を一堂にご覧いただけます。

「せっかく地元でできるので、足を運んでくれる皆さんに色々と見て頂きたい」
山口さんの住む町で行う展示会、ぜひみなさまのご来店をお待ちしてます。

 

山口 和宏 『 100本のスプーン展 』
2018.2.2 (金)  –  2.12 (月)  ※期間中の店休日 2.6 (火)
作家在店日 2.3 (土)
※尚、2.3 (土)は夕方より『山小屋食堂』イベント開催の為
16時で閉店とさせていただきます。勝手を申しますが、ご了承くださいませ。