生活購買店 生活の幅を広げるモノと道具

『 ふつう 』な日々の道具

DSC_0103
DSC_0052

DSC_0014

DSC_0081
ふだん、食器や家具など生活空間にあるモノに対して、
何気なくシンプルという言葉を使っています。

見た目がすっきりしていて、余計なものがついていない。
色味も抑えられていて、調和がとりやすい。
「デザインがシンプル」という目線は、
今の生活スタイルの、ひとつの主流かもしれません。

ただ、本当にシンプルなモノというのは、
見た目だけではなく、その機能面も十分に考えられたものではないでしょうか。

ここに紹介している日用品は、どれも我が家のキッチンで日々活躍している
シンプルで機能的な品々です。

すっきりとしたフォルムのガラスポットは、茶漉しを一体化するなど使い勝手の良さと、
考えられたサイズ感から、色々な飲み物を楽しんでいます。

ガラス容器も、パッキンが取り外せる蓋を、あえてプラスチックにするなど
細かな気配りがあることで、とても使いやすい道具となります。

そして、いくつあっても足りないと思わせるいわゆるタッパー。
お安く買えるものもあるけれど、我が家は、これでないと冷蔵庫がすっきりとしません。
よく考えられたサイズ感だったり、しっかりと閉まる蓋は
使ってこそ他の商品との違いを実感できます。

「自分にとって、大好きで思い入れのある一品」がある一方で、
一見ふつうに見えて、しっかり役割を果たしてくれる道具は、まさに縁の下の力持ち。

脇役がしっかりしてこそ、暮らしやすい生活に通ずるのかもしれません。