生活購買店 生活の幅を広げるモノと道具

『 LASICU 』 作り手 戸塚 彩子

 

DSC_0039

DSC_0023

DSC_0037

DSC_0062

 

「カタチはシンプル。 何より丈夫で使いやすい。」

街中を行き交う色々なトートバックを見ていると、
そぎ落とされた無駄のないカタチの中に
機能性や使い勝手の良さを一層感じます。

そして、誰もが知っているこの定番のバックに
「自分らしさ」を表現するのは、
たぶんとても大変なことだと思います。

作り手 戸塚さんが、トートバックを作るきっかけになったのは、
今使っている生地との出会いが一番大きかったと教えてくれました。

それまでも、娘さんや友人から頼まれたモノを中心に
ミシンを使って洋服や小物を作っていたそうですが、
自分のイメージする「素材」に巡り合ったことで、
自分が作りたいと思えるバック作りが始まったそうです。

僕らが『 LASICU 』を知ったのは、
それからずいぶん後になってからのことですが、
『 LASICU 』という名前には、自分らしくモノ作りをして、
それを手にしてくれた方らしく、愉しみながら使ってほしいという
戸塚さんの願いが込められています。

こうして、目の前にある白いトートバックを手に取ると、
フォルムの美しさや、ひとつひとつの丁寧な仕事とともに、
生地を2枚仕立てにした理由や、取り外しのできる底板をつけた訳など、
使い手の立場に立って、すごく考えたり、工夫したりして、
このカタチにたどり着いたんだなあ、と
少しだけ戸塚さんの辿ってきた長い道を垣間見たような気がしました。