生活購買店 生活の幅を広げるモノと道具

『 iroiro × 内山直人 展 』 iroiro について

DSC_0053-2

DSC_0022-2

DSC_0032-2

「タイの人たちと関わりながら、仕事を続けたいっていうのが一番かな」

iroiroをはじめて、気が付けば20年が経ったという小阪さん。
今も時折、タイに足を運んでは、現地の方々と服作りについて話し、
紹介したい雑貨などを買い付けてくるとおっしゃってました。

僕は残念ながら、タイに足を運んだことがないので、
街の雰囲気や自然、食べ物の匂いや人々の暮らしを
実際 目にしたことはありませんが、
たぶん、小阪さんは人やモノ、自然や文化ひっくるめて
タイに惹かれ、今日まで続けていらっしゃるんだと思います。

タイやアジアの地域からインスパイアされたiroiroの服は、
一見すると個性が強い印象もあるので、
はじめて手に取る方は、とっつきにくいと思うかもしれません。
ただ、実際に着てみると平面では分からないカタチの美しさや
動きやすさを感じて頂けると思います。

「タイの人も日本人も、同じアジア人。
西洋人とはちがって、骨格や体形に共通点があるから、
意外と似合うんですよ」

爽やかな気候から、だんだんと蒸し暑くなっていく五月。
さすがにタイは遠いですが、タイで作られた服を身にまとって
少しだけ冒険した気分もいいかと思います。
ぜひ、お気軽にご試着してみてください。

※写真は、iroiroさんのギャラリー『群青』でのイベントの様子