生活購買店 生活の幅を広げるモノと道具

祝鶴(黒米)

祝鶴(黒米)

長寿や吉祥を意味する縁起物

宮崎県日之影町で三代に渡りわら細工を制作している「たくぼ」さん。
自然豊かな日之影町は、隣接する高千穂とともに神話の里として広く知られ、昔から注連縄づくりが盛んに行われてきました。

こちらの「祝鶴」は長寿や夫婦円満、仲良きことを象徴する縁起物のわら細工。豊かに実った稲穂が印象的な尻尾、青藁で編まれた扇状に広がる羽、そして白い糸でまかれすっと伸びる首は美しい姿をしています。

素材となる稲藁は田植えから稲刈りまで自らの手で行い、機械が一般的な刈り入れも手作業で行うことで、編み上げた際に縁起物としてふさわしい仕上がりになるそうです。自然な緑色が残る藁は、時間と共にうっすらと稲藁色へと変化をしていきますので、玄関やリビングの壁に吊るしたり、棚に置いて飾ったりして楽しんでください。

祝鶴(黒米)

2,200(税別)
サイズ
約H230 ×W120
素材
稲藁 木綿糸

※15,000円(税別)以上で送料無料

  • 壁掛けで飾っても

    壁に掛けられるように、首に木綿糸の白紐がついています。小ぶりなサイズ感ですので、場所を選ばず飾れます。

  • 豊かに実った稲穂

    おめでたい意味合いのある鶴に、たわわに実った稲穂がより豊かな表情にしてくれています。

  • 丁寧に願いを込めて

    扇状に綺麗に広がった羽に、丁寧な手仕事が見て取れます。

自然とともにある仕事

年明けの田おこしからはじまり、6月の田植え、稲穂が実る前の夏の青刈り、そして黄金色に実った稲穂の刈り入れと、一年を通してしめ縄やわら細工作りのための農作業が続きます。機械が一般的な刈り入れも手作業で行うことで、編み上げた際に縁起物としてふさわしい仕上がりになるそうです。(写真:フォトグラファー 川しまゆうこさん)

藁を綯う

日之影では藁を編むことを、綯う(なう)と言うそうです。作業をする際には、藁に適度な水分を含ませ、編みやすいように整えます。床に座って手足を器用に使いこなし、藁を継ぎ足しながら基本となる縄を作っていきます。

祝鶴(黒米)

祝鶴(黒米)

2,200(税別)
サイズ
約H230 ×W120
素材
稲藁 木綿糸

15,000円(税別)
以上で送料無料

・手作りのため、大きさや形・色などの点において個体差が見られます。
・尾の長さやボリュームについては、納品時期によって
多少変わりますので、ご了承ください。
・ささくれが切られることもありますが、自然素材のためご了承ください。
・天然素材のため、高温多湿の場所に置かれますとカビの原因となりますので、ご注意ください。
・ストーブなどの火器近くには飾られないでください。

同じシリーズの商品

作り手

わら細工たくぼについて

宮崎県日之影町で60年以上にわたり、わら細工を作り続けている工房。
現在は三代目の甲斐陽一郎さんが中心となって、
稲の栽培から刈り取りまで自分達で行いながら、
ひとつひとつ丁寧に作られています。

http://reed-life.com/archives/52448