生活購買店 生活の幅を広げるモノと道具

ごかご(椀かご) 小

ごかご(椀かご) 小

岩手の軽やかな椀かご

岩手県一戸町にある鳥越地区で作られている円形の椀かご。

東北地方の寒冷地に自生している細い”すず竹”を丁寧に竹ひごにして編まれています。厳しい自然環境で育つすず竹は、雪が積もっても折れないしなやかさがあり、驚くほど丈夫なのが特徴です。

全体は細身ながらしっかりとしており、手に持つと軽いのが特徴です。底面は約3cmほど上がっており通気性もよくなっています。小さめの茶碗なら3つほど並べられますが、食器かご以外にもキッチンの細々した収納として使って頂けると思います。ただ、濡れたままの食器を置いてしまうと、竹にカビが生える可能性がありますので、しっかりと布巾で拭いてから乾かしてください。

こちらは、切り出したそのままの竹をひごにして編んだもので、使っていくうちに自然と飴色に変わっていきます。経年変化の色合いもお楽しみください。

・産地の深刻な材料不足のため、今後の入荷は全くの未定となっております。

ごかご(椀かご) 小

8,000(税別)
サイズ
約Φ290×H155mm
内寸
約Φ250×H115mm
製作地
岩手県
素材
すず竹

※15,000円(税別)以上で送料無料

・手仕事の為、サイズに若干の個体差が生じます。
・また、多少の傾きや歪みが生じる場合があります。ご了承下さい。
・保管する際は、湿気の多い場所はさけるようお願い致します。カビの原因になる場合がございます。
・竹は天然素材の為、表面にささくれや繊維に沿ったヒビ割れ、黒ずみが残る場合がございます。
・お届けのタイミングによって色味が微妙に異なります。時間の経過とともに、竹の色味は緑からうすい茶色へ変化していきます。
・竹は天然素材の為、稀に虫が発生する場合があります。その際は、熱湯を掛けてしっかりと乾かしてください。

同じシリーズの商品

作り手

鳥越竹細工について

江戸時代には既にカゴやザルが作られていたという一戸町鳥越地区の竹細工。自生するすず竹を使い、細かく丁寧に編みこむことで繊細で弾力性のある作品が生まれます。