生活購買店 生活の幅を広げるモノと道具

穴あきスパテラ

穴あきスパテラ

シンプルな中に感じられる手仕事

しゃもじで有名な広島県安芸の宮島で一本ずつ職人の手によって作られている調理用の木べら。

木ならではのやさしい持ち心地は手に馴染みやすく、軽くて使い勝手のよさを感じます。また、全体はすっきりとした印象ですが、よく見ると先端は炒める際に無理なく食材を返せるよう立体的に加工されるなど、細かい部分まで丁寧に仕上げられているのが分かります。

長さは一般的なヘラと同程度。中央に穴が開いているので、とろみのあるカレーやシチューなどを混ぜる時は手にかかる負荷が和らぎます。使っていくと多少の色うつりや傷もつきますが、愛着ある道具として育っていく過程も楽しんでください。

・写真5枚目のフライパンは直径20cmです。
・写真6枚目は新品と約2年使用したものの比較です。
・お届け分は写真と木目が異なりますのでご了承ください。

穴あきスパテラ

サイズ
約W58×295
素材
ヤマザクラ(無塗装)
入荷待ち

※16,500円(税込)以上で送料無料

木の調理道具

ヤマザクラの木質は堅く弾力があり、経年変化により色は赤みを増し味わい深くなります。多少の形の変化も木材ならではの楽しみ。どんどん使い込んでもらいたい道具です。

穴あきスパテラ

穴あきスパテラ

サイズ
約W58×295
素材
ヤマザクラ(無塗装)
入荷待ち

※16,500円(税込)
以上で送料無料

・天然木のため木目や表情に違いがございます。また、サイズや重さにも若干の個体差が生じます。
・色味や木目はお選び頂けませんので予めご了承ください。
・水洗いをした後は、水気を拭き取りしっかり乾燥させてからお使いください。
・無塗装の為、食洗器では洗わないようにしてください。

作り手

宮島工芸製作所について

江戸時代、誓真という僧が弁財天の夢を見た際に”琵琶”の形をした美しい線から杓子を考察し、宮島の人々に御神木を使って作ることを教えたのが起源とされる杓子。宮島工芸製作所はその伝統を受け継ぎ、職人が生活の中で使いやすいカタチを求め一つ一つを手で仕上げています。