生活購買店 生活の幅を広げるモノと道具

海の月浅鉢

海の月浅鉢

夏らしい一品を盛って

ゆったりした揺らぎ模様が海の水面のような浅鉢は、高台が少しほっそりとしていて、影が落ちた姿もまたきれいです。程よい大きさで焼き茄子など夏らしい一品を盛るのにも良さそうです。他の器ともきれいな印象で合わせていただけると思います。

うっすらと緑がかった色は、サイダーの空き瓶から作られた再生ガラスならでは。底が少し厚手でしっかりと安定感があるので、普段使いしやすいガラスの器だと思います。

海の月浅鉢

2,400(税別)
サイズ
約Φ125×H60mm
素材
再生ガラス

※15,000円(税別)以上で送料無料

毎日の食卓に寄り添うガラス

中村さんの作るガラスは、手に収まりがいいサイズだったり、いろいろなシーンに合う使い勝手の良さなど、使い手の立場でとても細やかに考えられていることがわかります。
また、他の食器と合わせやすいシンプルで控えめな見た目は、気負わない普段の料理や、飲み物がよく合います。1つ1つ手吹きガラスならではの温かみも感じられる、日々の食卓でこそ使っていただきたいガラスの器です。

海の月浅鉢

海の月浅鉢

2,400(税別)
サイズ
約Φ125×H60mm
素材
再生ガラス

15,000円(税別)
以上で送料無料

・手仕事のため、大きさ・形などの点において個体差がみられます。
・Φのサイズは、縁の直径になります。
・耐熱ガラスではありません。
・電子レンジなどのご使用は出来ません。
・食器洗浄機でのご使用はお控え下さい。
・小さな気泡や底面にガラスを切り離した際にできる跡は、吹きガラスの特性となりますのでご理解ください。
・掲載写真の光の具合やご使用のモニターによっては、実際の色味とは異なって見えることがありますのでご了承下さい。

同じシリーズの商品

作り手

中村一也について

三重県伊勢市にある”でく工房”。中村さんは20代で沖縄に移住した際に目にした琉球ガラスに魅了され、ガラス工房「清天」で修業を積まれました。その後 地元に帰郷し、現在は伊勢で販売されている地サイダーの瓶を使った再生ガラスの作品を作られています。

http://reed-life.com/archives/55874