生活購買店 生活の幅を広げるモノと道具

急須 黒くすべ 鉄鉢

急須 黒くすべ 鉄鉢

いつもより美味しい日本茶を

たっぷりの生クリームよりも、和菓子が好きになってきたこの頃。やっぱり和菓子に合うのは、美味しい日本茶。時には少しこだわった茶葉も買うようになり、そうなると急須などの道具や淹れ方にも興味を持つようになりました。
急須の産地として知られる三重県四日市市にある南景製陶園が作る「くろくすべ」は、絵柄のないシンプルな黒の佇まいと、美味しくお茶を淹れられる工夫が詰まった急須です。

釉薬をかけずに焼しめたマットな表情は、見た目の良さだけではなく、鉄分を多く含む土がお茶の渋みを吸収してくれ、お茶をまろやかにしてくれる効果があります。
また、底を覆うように張られたステンレスの茶こし網は、注ぎ口につながる穴が網の下にあるので茶葉で目詰まりしにくく、最後までしっかりと注ぎきることができます。
初めは、底を洗えないことに少し抵抗感を感じるかもしれませんが、茶渋が気になってきたら食器用漂白剤を薄くして浸け置き洗いしていただければ大丈夫です。

「鉄鉢」は、小ぶりな「芙蓉」に比べるとやや大きいサイズで、たっぷり2杯分のお茶を注げる容量です。また、男性はこちらの方が持ちやすいと思います。口が広く茶葉を捨てたり洗ったりしやすいところも、毎日使うものなので使い勝手が良いと感じています。

急須を使う人も少なくなったと言われるこの頃ですが、少しだけ丁寧に急須で淹れると味も気分も違ってきます。

急須 黒くすべ 鉄鉢

6,000(税別)
サイズ
Φ100 × H80(持ち手を入れた幅 160)mm
容量
260cc(推奨容量 200cc)
素材
陶磁器
品切れ
  • 茶葉の湯切り

    底面からわずかに浮いた位置に貼り込まれている底網のおかげで、茶葉が残り湯に浸らず、二煎目も美味しくいただけます。

  • 洗いやすさも大切

    口が広いので、茶がらを捨てたり、手を入れて洗えたりと毎日の事なのでストレスなくお手入れできるのも大切ですね。

  • 急須で味も変わります

    釉薬を使わずに鉄分を含む土を生かすことで、味がまろやかになります。また、吸水性がない為、茶葉の香りが付きにくいのもいい点です。

美味しいお茶を淹れましょう

『茶葉の量』     煎茶であれば、ティースプーン2杯にお湯200mlが目安となるようです。
           茶葉により調整してみてください。

『お湯の温度』    ほうじ茶は、熱々のお湯を注ぎますが、それ以外は、少し湯を冷ました方が渋みが抑えられるよう。
           玉露などのいい茶葉ほど、少し湯を冷まして淹れましょう。この間に湯呑みも温めて置きましょう。
           
『最後の一滴まで』  お茶の美味しさは、最後の一滴にあると言われます。 
           目詰まりしにくい底網なら無理に傾けることなくスムーズです。

( 急須: 黒くすべ 芙蓉 / 湯冷まし:ティーポットS / 菓子皿:jicon 桔梗取皿 / 盆:山口和宏 )

急須  黒くすべ 鉄鉢

急須 黒くすべ 鉄鉢

6,000(税別)
サイズ
Φ100 × H80(持ち手を入れた幅 160)mm
容量
260cc(推奨容量 200cc)
素材
陶磁器
品切れ

15,000円(税別)以上で
送料無料

・食器洗浄機でのご使用はお控え下さい。
・底網は外すことはできませんので、茶渋が気になる場合は、うすく薄めた食器用漂白剤に浸し、よくすすいでください。

同じシリーズの商品

作り手

南景製陶園について

急須づくりの盛んな三重県四日市で70年以上にわたり製品を作り続けている南景製陶園。
急須の材料となる陶土へのこだわりと独自の高い技術で、お茶のプロからも厚い信頼を寄せられているメーカーです。