生活購買店 生活の幅を広げるモノと道具

飛び鉋 七寸皿

飛び鉋 七寸皿

素朴さとモダンさ

周りを山々に囲まれた小鹿田は、かつて皿山と呼ばれた陶器の産地。歩いて回れるほどの小さな集落に10軒ほど窯元があり、今でも昔から引き継がれる技法によって器が生み出されています。

こちらの飛び鉋はその代表的な模様。古い時計のゼンマイを加工した道具を使い、轆轤の回転に合わせて押し当てることで、表面に細かい模様をつけて行きます。ゼンマイの反発力を巧みに生かした技法ですが、作り手によって微妙な違いもあるのも面白いところです。

黒木昌伸窯の飛び鉋皿は鉋のつけ方が細やかで全体に勢いを感じる一枚。また、縁や化粧土に少し茶色が入っているので、食卓に並べたときにとても馴染みが良いと感じます。七寸皿は盛り付け皿やメイン皿として使える汎用性の広いお皿です。

飛び鉋 七寸皿

サイズ
Φ210 × H45
素材
陶器
入荷待ち

※16,500円(税込)以上で送料無料

  • 蛇の目について

    登り窯では何枚も重ねて焼くため、皿がつかないように接触する部分の釉薬を剥がす必要があります。そのため、輪っかのように白っぽくなることをご承知ください。

  • 皿ごとの違いについて

    それぞれ微妙に違いはありますが、複数枚を並べた場合でも違和感なく使えますのでご安心ください。

九州の家庭では馴染み深い小鹿田の器。私も子供の頃からよく見る皿だったので、実家にいた頃は特に意識しませんでしたが、大人になり様々な器に触れるようになってから、あらためてその良さに気がつきました。日用の雑器らしい素朴さとおおらかさは、気取らない普段の料理でもしっかりと受けとめてくれる懐の深さを感じます(写真は七寸皿)。

飛び鉋 七寸皿

飛び鉋 七寸皿

サイズ
Φ210 × H45
素材
陶器
入荷待ち

※16,500円(税込)
以上で送料無料

・食器洗浄機でのご使用はお控え下さい。
・染み込みが気になる方は、水に潜らせて使う事をお勧めします。
・手仕事の為、大きさには若干の個体差があります。
・ご使用のパソコンや携帯電話によって、色味など見え方に違いがある場合がございます。あらかじめご理解下さい。

作り手

黒木昌伸窯について

小鹿田集落の共同登り窯のすぐ隣にある黒木昌伸窯。昌伸さんは大学を卒業したのち、父である富雄さんの元で本格的に陶芸の道に入り、現在もお二人で轆轤を回されています。伝統的な飛び鉋や刷毛目、打掛けの技法によって作られる器は、繰り返される中で昇華された美しさやおおらかさを見せてくれます。