生活購買店 生活の幅を広げるモノと道具

掛分け花器

掛分け花器

静かでモダンな佇まい

福岡県東峰村で50年以上に渡り轆轤に向かう太田哲三さんが手掛けた花器。

轆轤を巧みに使い胴回りはすっきりと、上下部分は張り出すように成形されています。外側はやや灰色がかったやわらかい白と落ち着いた緑釉のツートンで、内側は全体に緑釉が掛けられています。表面の貫入に光が当たると複雑な模様が浮かび上がり、奥行きのある表情です。全体の高さは20cm以上あるので、切り花以外に枝ものを飾るのにも使って頂けます。

掛分け花器

サイズ
Φ115×H225
素材
陶器
売切れ

・ご使用のパソコンや携帯電話によって、色味など見え方に違いがある場合がございます。あらかじめご理解下さい。
・花器の表面には焼成時にできた貫入が見られます。これ自体は割れの原因にはなりませんので、あらかじめご承知ください。

同じシリーズの商品

作り手

太田哲三窯について

小石原の陶工 太田熊雄さんの三男として生まれた哲三さんは、有田工業窯業課を卒業したのち7年間父の元で修行し、分家して自らの窯を築かれました。以来、長年にわたって用に即した誠実な器づくりを続け、2021年には”現代の名工”にも選出されました。現在は、息子の圭さんと共に作陶されています。